木造大工と型枠大工の違い

 

 一般に「大工さん」というとノコギリで木を切ったり、釘をトンカチで打っている姿が想像されますが、建てる建築物や使用する道具の違いで、

「木造大工」と「型枠大工」の2つに分類されます。その違いや使用する工具等は以下のとおりです。

 

【木造大工】※ 本校の科ですと木造大工科(木造建築科)となります。

  柱や梁などの主要構造部(家の骨格になる部分)を、木で組み立てる。一般住宅や2階建て程度の木造アパートなど低層住宅を主に施工(作る)する

 職種であり、一般の人達が想像しているいわゆる「大工さん」です。また、最近では新築住宅よりも中古住宅や既存建築物の改築工事を行う、リフォーム

 専門の大工さんも出てきています。

  しかし、昔はカンナやノミを使用して、木材と木材をつなぐ部分である「継手」や「仕口」を手で造作していたが、現在は工場でそれらの部分を加工する、

 「プレカット工法」が主流となった為、作業自体は簡易化され容易になってきたのだが、伝統の技術・技能が失われつつあり、また現場でもそれらを必要としな

 くなってきています。

  主な仕事は、建築物を建てる位置を決める「遣り方」、柱や梁を組立てる「建込み」から始まり、床や天井の取り付け、壁などのボード張り、窓や戸など

 の開口部の取り付けなど幅広い範囲があり、資格を持っている大工さんならば電気配線工事なども行う人もいます。

  また、材料の名称も使用する部分で呼び名が異なり、覚えることも多いので比較的、理解力が高い人でなければ複雑な仕様になると頭を抱えてしまうことも

 あったりします。

  木造大工さんが所属するのは、「〇〇工務店」や「〇〇建築」などの昔からある建築会社であり、中には「一人親方」といわれる、1人で施工を請け負

 う大工さんもいます。比較的少人数で施工するため、新規で人を雇用する事業所が減ってきており、本校でも中々合格することができない「狭き門」となって

 きています。「木造の大工さんになりたい」という、余程の覚悟がなければ続けていくことが難しいと予測されます。

  使用する道具は、電動丸のこ、釘打ち機など機械化が進み、手工具(トンカチや手ノコなど)を使用する機会が減ってきているほか、「木造は道具」と

 言われるほど、様々な道具を自費で持たなければ仕事にならないので、初期投資費用がかさんでしまいます。

  また、昔から現場に自力で集合するという考えが根付いてますので、車などの免許は必須となります。

 

                  

↑  木造住宅の現場の様子                   ↑  木造建方の様子 

 

 

【型枠大工】※ 本校の科ですと型枠大工科(鉄筋コンクリート施工科)となります。

  主要構造部を、鉄筋とコンクリートで作られる建築物を主に扱い、15階建て程度のマンションやビル、学校、病院などの中・高層建築物を施工します。

  「型枠大工さんはどんな仕事をしていると思いますか?」と質問すると、大体の答えが「土を掘っている」とか「鉄筋を組んだりしている」などの反応が

 返ってきますが、それは土工さんや鉄筋屋さんの仕事であり、型枠大工さんの仕事ではありません。

  では、どんな仕事をするのかというと、そもそもマンションやビルというのはその形になるように型枠を組立てて、そこにコンクリートを流し込み、固まってから

 型枠を外してやると、その形に形成されます。型枠大工さんは、その「型枠」を加工したり、建込んだりする仕事を主としています。

  では、『型枠』とはなにかというと、12mmのべニア板に桟木(サンギ)という木材を釘で打ち付け、壁や柱や梁などの形に作ります。それを、現場で

 建込んで(組立てて)、コンクリートを流し込める様にする物です。

  コンクリートを流し込み、溢れないように抑え込むので型枠を含め、それを支える単管(鉄パイプ)やパイプサポートなど重量物が多く、普通の人よりも

 筋力や体力が必要となってきます。

  型枠大工さんが所属するのは、「〇〇建設工業」や「〇〇建設」といわれる建設会社で、大手ゼネコン(総合建設会社)の下請け業者として、大勢の

 人達が所属しています。また、近年では社会保険や厚生年金などの福利厚生を整備して、「正社員雇用」する建設会社も増えてきております。

  施工する建築物が大規模なものが多いので、人数も沢山必要となり、本校の募集定員の中でも比較的合格しやすい科となっており、また、今後の業界の

 見通しでも好景気な状態になりつつあります。

  使用する道具は、電動工具も使用しますが現場が大きく電気が届かない(引いてこれない)場合もあるので、玄翁(トンカチ)や手ノコもよく使用されて

 いるので、技術・技能の衰えはあまりありません。

  また、現場へも大人数で入場するため、駐車場が確保できないので会社の車に乗り合いで移動することが多く、免許がなくても比較的支障が出にくいです。

 

                 

↑ 型枠建築物の現場の様子                 ↑ 型枠基礎建込み作業の様子

 

 

 

トップへ戻る